2015年09月28日

産後のお母さんたちへ

児童館でママのためのヨガクラスをしてきました。

月に一回だけでも、
お母さんが子どもと離れてリフレッシュできる時間を、
という児童館のスタッフさんの愛情を感じる、
温かなプログラムのお手伝いができて嬉しかったです。

ゆったりした動きと、
リクエストに答えて肩甲骨をほぐしたり、
四股踏みをして少し汗をかき、ヨガニードラもしました。

初めてお子さんを預けるお母さん、
きっとドキドキだったでしょうね。
スタッフさんが「お迎えのハグしてくださいね!」とおっしゃっていました。

預ける前にお子さんにお話しして、
またお迎えに行ったら抱きしめて。
別れる時に泣いてしまっても子どもはきちんと分かっているから。
繰り返し、繰り返し、母子の信頼関係を築いていってくださいね。

わたしも幸せな時間を過ごしました。

女の人は頑張りすぎてしまうそうです。
自分が思っているよりも。

だから、産後のさまざまな感情に蓋をせずに、
「そうなのね。」と軽く見つめてあげてください。

真っ向から向きあうと思考が複雑に働いて、
根っこを掘っていってしまうから、
お友達の相談を聞く感じで軽めに、
そう感じているんだぁ、と眺めてみてください。

良いこと、悪いこと、執着、、、
ため息とともに吐き出して、手放して、
ぐんぐん成長するお子さんの勢いに寄り添って、
変わることを恐れずに、女性を生きてください。

お会いできてよかったです。
ありがとうございました。

めぐみ
posted by meg3 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

ママのためのヨガ

先週は、子どもたちが通った幼稚園で、
ママのためのリフレッシュヨガをしてきました。

前回は梅雨の時期で、雨音を聞きながら。
今回は気持ちが良い秋晴れで、
園庭で遊ぶ子どもたちの声を聞きながら。

今日は、幼稚園を卒園したお母さんたちが、
見守り保育をしてくださいました。

「また声かけて!来てよかった。」
「赤ちゃん、泣いていても可愛い。」
「帰ったらいつもより自分の子に優しくできた。」
温かいメッセージをくれたお母さんたち。

子育てのフィールドも、
季節のように移り変わるもの。

それぞれの時期に感じること、
見えてくるものが変わるから、
いろいろな立場の人が出会うことが大切。

押し付けがましくなく、
「ちょっと生まれた余裕」を
バトンみたいに引き渡していけたらいいな、と思いました。

2015年09月14日

チラシが出来ました

秋からの「体ほぐしヨガ」のチラシが出来ました。

DSCN2070.jpg

集会所の庭に木の実がぽっこり!
そんな季節感を感じながら、
西大島、清澄白河でヨガクラスをしています。

おしゃれスポットになりつつある清澄白河で、
肩の力を抜いて、かっこつけない在り方を。

カッコ良くなくてもカッコつけちゃったり、
なかなか難しいことなのだけれど(>_<)

みんなで、美魔女じゃなくて、
元気で、いるだけで気持ちがいい、
できればちょっと色気のある(笑)おばちゃん目指してます!

DSCN2101.jpg

チラシは近郊施設や、クラスに通ってくださっている方、
15日は江東区の幼稚園のママのためのヨガクラス、
16日、墨田区のキラキラママの集いのリフレッシュヨガにて、配布させていただきます。

2015年09月12日

ゆったりヨガ

こんにちは。
久しぶりの晴れ続きに心が弾みますね。

大好きなヨガの先生、サントーシマ香先生が、
Eテレのまる得に出演されています。

5分間の短いヨガの紹介なので、寝る前にぜひご覧ください!
14日からは再放送があるので、夜遅くは眠いわ、という方はこちらも。
朝でも、夜でも、優しい気持ちになれますよ♪

Eテレ
まる得マガジン「ゆったりヨガ」

講師:サントーシマ香先生
医学監修:高尾美穂先生

月〜木
21:55~22:00  ~9/17
11:55~12:00(再放送)  ~9/24

http://www.nhk.or.jp/kurashi/marutoku/

2015年09月06日

つれづれ

先日、このブログに、無造作にお勧め本を紹介しましたが、
追い追いレビューを書いていきたいと思います。
ご興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

身体的なアプローチと同時に、知識を得ることもまた、
今までの思い込みや価値観から一歩広い視野で物事を見つめるきっかけになります。
両方のバランスをとることが実は一番大切だとわたしは思います。

普段のヨガクラスでは、お仕事や家事や子育てに忙しい女性が多いです。
本なんて読む時間がない(>_<)

そしてホルモンのバランスが変わりやすい産後や子育て中は、
どうしても理論的なものの考え方がしにくいので、
本を読んでも頭に入ってこない。。。という経験、わたしもあります。
ある意味それが正常なことなのです。

わたしはそれぞれの専門家ではありませんが、
熟読し、体感して納得したことを、クラスで少しずつお伝えしています。

とはいえ、頭ではなく、身体感覚を通して「分かる」こと、それが一番です。

わたしは頭でっかちなタイプだったので、
ヨガに出会って、一番良かったことは「体と頭がつながったこと」です。
変な言い方ですが、頭でいくら要領よく分かったつもりになっていても、
本当は分かっていないこと、というのがたくさんあります。
身体感覚を通して「そうなんだ。」と思ったことは、無理がありません。

自分のキャパシティ以上の仕事を請け負ったとき、
わたしの場合は2歳半の年の差の子どもを育てているときに、
「どうしたらうまく回るのだろう?」という問いと焦りがありました。

すでに沖ヨガには出会っていたけれど、
なんでか今までのようにはいかなかったです。

息子と一対一だとできていた共鳴する感じが、
母兄妹3人になったらいとも簡単に崩れていく感じ。
加えて、育児参加する気のない夫への不満(笑)

2人目の子どもの出産が少し重く、
産後の体が整っていなかったこともあると思います。

母子手帳では「普通分娩」としか記されない、
一ヶ月検診でも異常無し、でも自分では「まだ戻ってない」と感じている感覚。
目の前には追われるように2人の子どもを追いかける生活。

多少の知識があったので、
「この、おかしいという感覚は確か。」
「ここで自分の体を置いてきぼりにしたら、後が辛い」
ということだけは分かりました。

沖ヨガの恩師のもとでヨガを学ぶ機会と得て、
また野村奈央先生に手当や野口整体について学ぶ機会を得られたのも、
実は子育てまっさかり、一番大変な時でした。

勝手にわたしは「お母さん頭でっかちじゃ無理だよ。」という、
子どもたちからのギフトだと思っているのですが、
つくづく運が良かったと思います。

奈央先生がよくおっしゃることが「因果の外に出て物事を見つめること」。
結局、子育ての大変さも、夫への不満も、自分への不甲斐なさも、
両親への鬱屈した感情も、すべてすべてつながっていることだったです。

だから嫌なこと、不満なことと同じ目線でいくら考えたり、
正当性を示してもよくはならなかった。

時間はかかりましたが、自分自身の体を整えて、
何が心地よいことなのか、より自然体で居られる人や場所はどこか、
よりクリアに判断できるようになると、
一つ一つ楽になっていくことが分かりました。

ドラマのようなテーマでも、展開でもなかったけれど、
さまざまな環境、状況の変化も伴って、
静かに、でも確かに夫も変わっていき、両親への感情も変わっていきました。

まだまだ課題もありますが、
家族は本当に大きなメンターなのだと思います。

一番気をつけたことは「相手を変えようとしないこと」
コントロールすることをやめて、ただただ自分の体の滞りをとって、
良い状態をキープする。

嫌だな、という感情を凝り固めるほど考えすぎないで、
放る、忘れる、捨てる、の繰り返し。

ヨガの恩師石井三郎先生の
「人を変える前に、まず自分が変わること。」
「努力してどうしても嫌だと思う時には、距離を置く。」
という言葉も励みになりました。

まだまだ、ヨガの練習者としてもひよっこのわたしですが、
前より大きな流れの中に自分がいることをありがたく感じ、
生きていく上で大切なことを教えてくださった
先生方に失礼のない生き方をしていきたいと思います。

一方的な投稿となりましたが、なんとなく綴りたくなったので。
読んで感想などありましたら、コメントください。

わたしがお世話になっている師のことを、
少しずつ綴っていきたいと思います。出会った順が良いかな。。。
posted by meg3 at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

頑張り月間

昨日は清澄白河の「体ほぐしヨガ」でした!
「今月が頑張り月間にしようと思います!」と宣言してくださった、
元気いっぱいの生徒さん。

夏休み1ヶ月お休みして、先週は少し動かしにくそうだったけれど、
昨日はいつもの感じに戻っていました。
お家でもストレッチしてくださっているようです。
つくづく、ご本人の力だなぁ、と思います。

月1回コツコツ続けてくださっていた方たちも、
「月2回来てみようかな。」と。嬉しい限りです。

秋口は、寒い季節に向けて体の中に冷えを入れないために、骨盤が締まってくる季節。
同時に、後頭部も締まって思考力が増します。

学校が始まる4月よりも、実は何かを始めるのにオススメの時期なのです!
「ずっとやろうと思っていたけれど。」と、
気になっていたことをスタートしてみるのもいいですね!

「意思の力」が整う秋の雰囲気を感じながら、
わたしもみなさんを見習っていこうと思います!

「やろうと思っていたけれど、なかなか〜。」というと、
わたしの場合、掃除と早寝早起きかな。
さっそくベランダをデッキブラシで掃除しました!すっきり。

めぐみ

DSCN2069.jpg
秋雨続きだったけれど公園の緑は喜んでいる♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。