2016年02月29日

お産学

きくちさかえさんの「お産学講座」に参加してきました。
2日間かけて、じっくり。

お産をどんな視点で見ていくか?
歴史的にお産が誰によってどのように語られてきたのか?
当事者(わたしがどうだったか)という狭い視点ではなく、
社会や歴史、医療、家族、環境、
ジェンダーやセクシャリティという視点も含めて、
広い視野でみていくことの大切さも学びました。

また、「生死学(しょうじがく)」
誕生と死、迎え、見送ることの類似点についても、
漠然と感じていたことを、
学問として捉え直すきっかけができました。

80年代後半から90年代にかけて、
マタニティヨガやアクティブバースの活動をして、
今研究者として、写真家としても活躍されている
きくちさかえさんの生き方もかっこいい。
とてもよい刺激をいただきました。

講座を一緒に受講した方は、
助産師さんが多く、介護士さん、学校の先生の生の声も
心に響くものがありました。

いろいろと未消化の部分を咀嚼して、
地域の人たちとつながりながら、
シェアしたいと思います。

「自然出産がいい!」
「産まないとわからない!」
「産んだ人にはわからない!」
「医療のここがよくない!」

そんな風に分けて、途切れて考えいたのではもったいない。
お産についても、死についても、
「語ることができる」柔らかい’場’がありますように。

「語ること」で、一人一人の一歩が、
未来を広げていくように思いました。

YOGA CAFE
posted by meg3 at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

西大島クラスの様子

体ほぐしヨガ西大島のクラス、
不定期ですが「見守り保育」というかたちで、
保育者にご協力いただいています。

お母さんたちと同室で、
お子さんと関わりを持ってくれる大人がいる風景。

お友達の中での振る舞いで、
お家で過ごしている時には知らなかった
お子さんの個性も見えてきたり。

同室の単身参加の方も、
「いつも癒されています。」
と温かく見守ってくださっています。
ありがとうございます〜!

子どもが小さい時に、ときどきでも
そのままの自分を受け入れてくれる場所があることは、
わたしにとっても救いだったなぁ、と思い出します。

小さなお子さんは、
どうしたって波があるので(それが自然なこと)、
ヨガに集中することが難しい時もありますが、
長い目でいい場、雰囲気が作っていけたら、と思います。

YOGA CAFE
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。